ロニタブはどんな薬なのか

最近では有名芸能人の方々がAGA関連のCMに出ているのを、よく目にします。
そしてAGA治療の体験をメディアで話していたりします。

そんな一般的になってきたAGA治療ですが、大きく分けて2つ考え方があります。
まずは抜け毛を予防するという観点での治療です。
これはAGAの原因になるジヒドロテストステロンを抑制するフィンペシアが当てはまりますね。

そして次に毛根部の血行を促進して発毛を促す、育毛を目的にした治療です。
ロニタブを使った治療が育毛に当てはまります。

ではロニタブとはどんなものなのかということですが、インタスファーマ社というとこが製造・販売する服用タイプの育毛剤です。
ミノキシジルの内服医薬品であるロニテンの正規ジェネリック医薬品になります。
日本でも 外用タイプの育毛剤の主成分として「ミノキシジル」を配合したものが有名ですね。
有効成分のミノキシジルですが、もともとは1970年代後半にアメリカで血管拡張剤として開発され、血圧降下剤として使用されていました。
しかし、その副作用として全身の体毛が濃くなるという症例が多く報告されたことから、毛髪に対する外用薬としての臨床実験において効果あると証明され育毛剤として認められるようになりました。

ミノキシジルは直接、毛母細胞に作用し、毛母の細胞分裂を活性化させることにより、髪の成長を早める働きをします。
また、もとは血管拡張剤として使われていたことからも分かるように頭皮の血行を促進しますので薄毛・抜け毛の原因の血行不良を改善し栄養を届けやすくすることができます。

数種類の薬

ミノキシジルの摂取方法

ロニタブの有効成分であるミノキシジルですが、外用するタイプのものと、服用するタイプのものがあります。ではどのように摂取するのがおすすめなのでしょうか。また最近では外用でも服用でもない方法で摂取する方法もあります。

ロニタブの種類と飲み方

中身が透けて見える薬

ロニタブには5mgと10mgとがあります。これは有効成分の含有量の違いになります。また薬全般には副作用があるので注意しましょう。そして飲み方ですが一般的な薬と特別、変わりません。