ロニタブとフィンペシア | ロニタブでAGA対策しよう!早めの対応が大事!

ロニタブとフィンペシア

ロニタブを使ってのAGA治療ですが、より効果的にAGAを治療するためにフィンペシアと併用する方法があります。
基本的にロニタブは有効成分であるミノキシジルは、近年の研究で毛乳頭細胞に働きかけてアデノシンを分泌させ、細胞分裂を促すことで発毛しているのが分かりました。
つまりは育毛という観点での治療になります。

しかしAGAは男性ホルモンの一種であるテストステロンが、毛根部分に存在する5αリダクターゼというテストステロンを、より強力な男性ホルモンに変換する酵素によって、活性化されたジヒドロテストステロンによって引き起こされるものになるので、根本の治療も重要になってきます。
そこでフィンペシアという5αリダクターゼの働きを抑制する効果をもつ薬と併用することで、より高いAGAの改善効果を得ることができます。

“育毛・養毛・発毛”と言う言葉がありますが、それぞれで意味が違います。

“育毛”ですが、いま生えている髪の毛をより太く丈夫に成長させることを言います。
見た目としてボリュームが出るだけでなく、太くなることで抜けにくくなります。
もともと生えているものを強くするということで、すでに抜け落ちてしまった人には効果はありません。

“養毛”ですが、いま生えている髪の毛を栄養を与えて抜け落ちるのを防ぐことを言います。
亜鉛は髪の毛の成長に重要な栄養素ですし、ほかにもビオチンも重要な栄養素です。
特に日本人は亜鉛が不足していると言われています。
また血行不良で栄養素が髪の毛に届きにくくなっていることもあるでしょう。
また育毛同様、対象が抜け落ちてしまった場合は効果がありません。

“発毛”ですが、毛髪を作る毛母細胞の働きを活性化して、休んでいる毛穴から再び髪を生やすことを言います。
育毛、養毛とは違い発毛は休んでいる毛根に働きかけ髪を生やすものになります。

このように様々な観点からAGAの治療を行うと効果的ですね。