ミノキシジルの摂取方法 | ロニタブでAGA対策しよう!早めの対応が大事!

ミノキシジルの摂取方法

ロニタブの有効成分のミノキシジルが働いて薄毛・抜け毛を改善するのですが外用するタイプのものと、服用するタイプのものがあります。
では外用と服用ではどのような違いがあるのでしょうか。
まず頭皮に塗る場合ですが、直接、頭皮に塗布するので内服する場合と比べて効果が期待できなかったり、また頭皮の状態によって成分が浸透しにくいことがデメリットにあげられます。

そして最近ではミノキシジルを気になる箇所に注射するという方法を行うクリニックも増えています。
しかし注射する場合ですが、まずミノキシジルを注射するという行為は、まだデータが少ない状況です。
その有効性が完全に立証されたとは言えないのが現状になりす。
確かに薄毛の箇所にピンポイントに注射できるし直接、注射するので浸透という面も安心できます。
また副作用に関しても注射した箇所以外では起こりにくいと考えられます。
でも保険適用外で自由診療になるので費用が高額になりますし、定期的にクリニックに通わなければいけません。
それにデータが少ないという状況もありますし、注射は苦痛も伴います。

やはり手軽にAGAに効果を期待できるのは服用するタイプのものだと思います。
外用する場合に比べて、体内から作用するので浸透の面も問題はありません。
また水で飲みこむだけですので注射のように苦痛もありませんし、毎回わざわざクリニックに通う必要もなく手軽に治療できます。
また通販でジェネリック医薬品であるロニタブを購入するば費用も安く抑えることができます。