脱毛の進行パターン | ロニタブでAGA対策しよう!早めの対応が大事!

脱毛の進行パターン

通販で手軽に購入できるロニタブや、フィンペシアを使ってAGAの治療を行う人が増えています。
そんな多くの男性を悩ませるAGAですが、どんな症状が現れるのでしょうか。
今の自分はどういった段階なのかや、今後どのような症状がでてくるのか疑問に思いますよね。

AGAを各段階によって分類している、ハミルトン・ノーウッド分類というものがあります。
それを利用すれば薄毛の進行度の把握ができます。

また、脱毛の進行パターンとして大きく3つのパターンがよくあります。
一般的に“M型の薄毛”と、“O型の薄毛”と、“U型の薄毛”と言われるものです。

・M型の場合
脱毛パターンとして、生え際から後退していくタイプです。
特にこめかみのあたりの髪がどんどん無くなっていきます。
主にAGAが原因で起こるものになります。
テストステロンを活性化する5αリダクターゼという酵素は生え際や頭頂部にも多く存在します。
M型ハゲになったということは、O型やU型も同時に進行している可能性もあります。

・O型の場合
脱毛パターンは頭頂部あたりが薄くなっていくタイプです。
つむじ付近がアルファベットのOの形に薄くなる傾向があることからO型と呼ばれています。
AGA以外にも生活習慣なども原因になっている場合が多いくあります。
このタイプの薄毛に悩む人が日本人には、特に多いと言われています。
つむじから、じわじわと進行するので、自分ではなかなか気が付きにくいかもしれません。

・U型の場合
U型の脱毛パターンは、生え際がM型と違い全体的に後退して額が、どんどん広くなっていくタイプです。
原因はAGAであることがが多いものになります。